03_故事・伝聞

■朝鮮の志士の話
(人心同の碑)
J10

朝鮮の志士、金玉均の文になる石碑が久我山稲荷神社にあります。
金玉均 (日本で言えば、坂本竜馬のような人) は、清朝末期のクーデターに失敗、日本に亡命(実態は小笠原で幽閉)、されていました。
そこで、久我山村出身、小笠原で砂糖栽培で成功した飯田氏と出会います。二人は遠く離れた地に居て、老父へ親孝行もできない、と互いの身の上で共感しあい、金玉均が “体は 離れていても心は同じ” との気持ちを文として、久我山の飯田氏(小笠原、飯田氏の父)へ贈りました。
それを石碑にして久我山稲荷神社に奉納され、今も残っております。
この石碑を見るために、今もわざわざ韓国から訪れる方も多数おられます (日本人が今も坂本竜馬を慕うのと同じなのでしょう)。
少し、変わった形の石碑です。 ぜひ、神社へお越しいただき、ご自分の目で探して見てください。

■日本の志士の話
(近藤 勇に関する言い伝え)
s-kondo_edited_2
近藤 勇は板橋の刑場で処刑され、首は、晒し者にするため、京都に運ばれました。
近藤の家族(三多摩在住)及び、門弟は、板橋に埋葬された遺骸を夜陰に乗じて密かに掘り起こし、運び出しました。
三鷹・龍源寺に埋葬するためです。
板橋から休憩もせず、足を速めて大八車に乗せて運んできたのですが、追っ手の姿も見えず、又、となり村まで来たという安心感からか、久我山稲荷神社下で休憩を取ったそうです。
馬には当時あった、水のみ場で水を飲ませてやりました。
馬も人も、そうとう緊迫していたでしょうが、三鷹に近い香りの水を飲み、 恐らくつかの間 ホッとしたことでしょう。 寸時の休憩をとってから、宮下橋を渡り、人見街道を三鷹に急いだ、という話です。

◆後日談
上記の話は実は久我山以外で聞いた話だったのですが、先日、久我山の長老から同様の話を聞きました。
その話では神社下から今の人見街道に入ったあたりに明治のころまで馬の水飲み場があり、
そこの持ち主だった人の話として、前述の”(近藤の遺骸を載せた)馬の休憩話”が残っているそうです。
正確な場所はどこであれ板橋から久我山稲荷神社近辺まで一目散に走ってき、そしてやっと一息ついた、というのは間違いないようです。
この話はまた、高井戸村~久我山にかけて、江戸と三多摩を結ぶ大事な場所でもあったということがしのべます。